トビタテ!留学JAPAN高校生コースの日数計算とアドバイス|株式会社プランB - 高いだけでも安いだけでもない留学 -

トビタテ!留学JAPAN高校生コースの日数計算とアドバイス

scholarship.jpg先日(といっても結構前になってしまいましたが・・)トビタテ!留学JAPAN高校生コースのエージェント向け説明会に行きました。

トビタテ!留学JAPAN事務局の方が直接プレゼンテーションをし質疑応答にも答えてもらえるものだけに充実したものでした。ただし昨年もそうだったのですがアカデミック(テイクオフ)をはじめとしたプログラム期間の日数計算方法が分かりにくい、というか紛らわしいのです。我々エージェントでも「?」となります。今回は去年とまた少し変わるということで注意深く説明を聞いていたのですが、なおも不明だったので手を上げて質問してみました。他のエージェントのみなさんも分かっていたとは思いませんし事務局の方も「ここは絶対に質問がくると思っていました」的な前置きで回答されていたので一般の皆さんには余計に分からないと思います。ということでここでシェアさせていただきます。

うちで取り扱いのある学校やプログラムはアカデミックであれスポーツであれ、ほとんどが週末チェックイン&週末チェックアウトとなります。そうなると募集要項に「留学期間2週間(14日間)〜」と明記されている点と「活動が証明書によって証明される場合は」認められると書いてある点を考え併せた場合に「じゃあ週末チェックイン&週末チェックアウトの2週間は実質的にアウト?それともセーフ?」と疑問がわいてきます。

去年の数え方とは少し変わっていて、前述の通り質問した結果、今年はセーフという回答をいただきました。ただし、そうは言っても選考の際に2週間よりも3週間の方が有利だと聞こえるようなニュアンスでもありましたから、実際にトライする際には例えばアカデミック(テイクオフ)でも3週間の方が可能性は高いのかも知れません。これはトビタテ!留学JAPANの選考に通る・通らないとは別の話でその方が留学体験としてより意義がありますから、その意味でも3週間の方がお勧めです。予算的にも、プログラムによりますがこの1週間で数万円しか変わらないケースもありますからね。

以上、トビタテ!留学JAPAN高校生コース申請の際の日数計算とアドバイスでした。