ワーキングホリデーの費用|株式会社プランB - 高いだけでも安いだけでもない留学 -

ワーキングホリデーの費用

chef.jpgワーホリの費用はいくら位ですか?という質問をちょくちょく受けますが、そもそもワーホリに費用はありません。あえて言うならビザ申請費用で、例えばオーストラリアの場合は¥39,000。あとこれ以外に航空券、保険、必要な場合は健康診断費用が主なものでしょうか。ある程度貯金があることも証明しなければいけないので、これも例えばオーストラリアの場合これにプラスして40〜50万円が証明のために必要になります(条件が変わることもありますので詳細は都度大使館等のサイトで確認してください)。

この中では保険も大きな割合を占めることがあります。留学ではメジャーなAIUだとプランによっては年間で30万円弱にもなりますし、同じAIUでもオンライン申し込みであれば補償金額を落として10万円台のものもあります。保険に関しては安い=補償内容がそれだけ落ちると理解してほぼ間違いないので必要なものまで削ってしまわないようにしないとあとで大変なことになります。

それと当然のこと語学学校に通う場合は大きく費用が変わって来ます。ざっくり言ってしっかりした教育や設備、ロケーションの語学学校であればフルタイムの授業料+寮やホームステイの滞在で1ヶ月20ー30万円は掛かる計算になります。どの世界でもそうですが激安のものはありますが先生の給料と家賃を学生数で割るというシンプルな図式なので、周辺の他の学校と比較してあまり安い場合はその理由を確認した方がいいと思います。全否定するつもりはありませんし企業努力で頑張っている学校もありますが、例えば先生がインターンだったりネイティブでもなかったりという理由で安いのであれば本末転倒となります。結局語学力がないとできる仕事の時給もクオリティも上がりませんし、帰国した時に胸を張って言える経験にならないことが多いですから。

そのあたりよく考えて計画しないと誰かがワーホリに行って例えば「俺は最初航空券と保険の30万だけですんだ、そのあと200万ほど稼げたし楽勝だよ」と言ってもそれが自分にあてはまるとは限りません。