カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)エクステンションの語学・サーティフィケートプログラム|株式会社プランB - 高いだけでも安いだけでもない留学 -

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)エクステンションの語学・サーティフィケートプログラム

San Diego AdobeStock_113352570.jpg

Timesの世界ランキングで31位と東京大学(46位)より上に位置するカリフォルニア大学サンディエゴ校、通称UCSDのエクステンションからパンフレットが届きました(カウンセリングで先着10名の希望者の方に差し上げます!)。

大学の一部なのですが語学学校として通うことができ、一般的な語学学校のようにフレキシブルに毎週入校や週単位での設定はできませんが、それでも毎月入校日があり2週間、4週間、8週間、10週間と偶数週から選べます。もちろん授業や講師のクオリティは大学のお墨付き。ビギナーからのコミュニケーションのための英語はもちろん、ビジネス英語からエンジニア、医療、薬学、法律の英語、TOEFLやIELTSといったテスト対策や大学準備のための英語まで幅広く用意されています。

またビジネスとTEFL(Teaching English as a Foreign Language)のサーティフィケートプログラムもあり、最短1クウォーター(3ヶ月)から受講可能です。規定を満たせばプログラム終了後アメリカに残り最長1年間プログラム内容に直結する有給の仕事(OPT)をすることも可能で、UCSDからの公式の修了証や知識の習得だけにとどまらず、こういった実践はキャリアにおいて非常に大きなアドバンテージになります。

  • ビジネスエッセンシャルズ
  • ビジネスマネジメント
  • プロジェクトマネジメント(シックスシグマグリーンベルト)
  • ビジネスアナリティクス
  • デジタルマーケティング
  • リーダーシップマネジメント

その他3ヶ月単位で、いわゆる科目等履修生として大学生向けにこのカリフォルニア大学サンディエゴ校の学部授業を受け、日本の大学卒業に向けてUCSDの単位を持ち帰ることが可能です(ただしそれをカウントするかどうかは日本の所属大学の判断となります)。大学を休学して留学をする学生が増えていますが、ある程度語学力があればこのプログラムを組み込むことで、仮に卒業単位としてカウントされないとしてもUCSDの単位を取得しここに通うアメリカ人とネットワーキングができることは非常に大きな財産となるでしょう。

滞在についてはホームステイの他にキャンパス内やキャンパスに隣接するアパートメントがあり安心して通うことができます。ただしアパートメントはホームステイと違って一定数になるとそれ以上キャパを増やすことができないので希望する場合はなるべく早めに申し込んでおく必要があります。