学校プログラムの真実 - 高校留学 - |株式会社プランB - 高いだけでも安いだけでもない留学 -

学校プログラムの真実 - 高校留学 -

2018年6月 2日

Young woman covering her mouth.jpg

最近特に高校留学のカウンセリングをさせていただいていてあらためて思うのですが、皆さん学校で提供される(あるいは推奨される)留学プログラムに関して少し調べてみた方がいいかも知れません。

この1-2週間で複数の高校生とその保護者の方からお聞きした、いくつかの高校が提供するカナダの公立高校の留学プログラム費用は1年(9月から6月)でそれぞれ350万円を超えるものでした。皆さんはこの数字をどう思われますか?「高い気はするけどまあ1年の留学だしそんなもんなのかな」と思われる方も多いのではないでしょうか?アメリカのボーディングスクールだと年間500万円を超えるところもたくさんありますしね。

でも例えばバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州の公立高校だと、授業料からホームステイ+食費から現地身元引受人から保険まで足しても、実は200-230万円ほどなのです。同じ1年、同じカナダの公立高校の留学費用です。もちろんこの業界で働いていると日本の学校の留学プログラムは結構高いということは昔から聞いて知っていますが、う〜ん・・・やっぱりそれでいいのかな、まだそんなことやっているのか、というなんとも言えない気持ちになります。

それだけならまだしも、逆に100万円以上も低く提示している我々が疑われることになります。「プランBさんで行ったら門前払いとかっていうことはありませんか?」と、ある保護者の方は遠慮がちにも正直にそうおっしゃいました。私も保護者ならそう聞きたくなるかも知れない、ごもっともな質問だと思います。でももちろんそんなことはありません、我々も各学区の教育委員会と正規代理店契約を結んでいます。普通に皆さん現地で学んでいます。

学校にも留学エージェントや旅行会社が、もしかしたら複数入っているのでしょう、学校への手数料もあるのかも知れませんし至れり尽くせりのサービスああるのかも知れません。我々も税金で生計を立てている訳ではないので手数料はいただきますが、でも私としてはやっぱりそれは行き過ぎではないですか?と思います。生徒や保護者は学校が提供するものだからと安心して申し込むのでしょうが、安心料としても少し高すぎるかな、と。

結局それは箱や売っている店が違うだけで同じリンゴ、つまり行き先は同じなので・・・スーパーでリンゴを100円高く買ってしまってもショックだと思いますがそれが100万円だと文字通りそのショックは10,000倍でしょう。学校の留学プログラムの全てがそうだとは思いませんが、少しリサーチして検証してみても損はないのではないでしょうか。その1日、あるいは1時間の価値が100万円になるかも知れません。