なぜフィリピン留学より欧米への語学留学をお勧めするか

なぜフィリピン留学より欧米への語学留学をお勧めするか

コラム:なぜフィリピン留学より欧米への語学留学をお勧めするか

これはもうずっと言い続けていることなのですが・・

僕個人としてはフィリピン留学をあまりお勧めしていません。人種主義者だとか、何かフィリピンで嫌な目にあったとか、もちろん全くそんなことではありません。

むしろこれまで会ったフィリピンの方は非常に好感が持てて、どちらかというと国と人には非常にポジティブなイメージを持っています。

でもそれと留学とは別問題。ここ数年盛り上がっているフィリピン留学にずっと違和感があります。それは数年前、ある方から誘われてフィリピン留学専門のサイトも立ち上げようとして実際いろいろ調べたり学校の方に直接会って話したり、さらにはそういった知識でちょっとしたセミナーまでした結果そう思うのです。

なぜか?あんなに安いのに?確かに安いのです。CIAの調査では、一人当たりGDPで比べると日本の$37,800に比べてフィリピンは$7,000と1/5以下、他の留学先のアメリカは$54,800、オーストラ リアは$46,600とやはり圧倒的に安いのです。当然それに比例して人件費は安くなるので、同じ条件で比べるとフィリピンの方が安いのです。

圧倒的に。

が、しかし・・・この場合は同じ条件で比べると本質を見誤ってしまう気がします。フィリピンの場合は、その特徴としてマンツーマン中心の授業となり ます。これには同じ時間でより多く話せるというメリットがあります。これは認めます。でもそれは別に日本にいてスカイプでやるオンライン英会話でカバーできるのです。実際うちでもその方法をお勧めしています。話しただけ話せるようになるので。

ただ留学というものの場合、そこだけがポイントではないのです。むしろマンツーマンは弱みにさえなります。留学とはその国に住む人やその国で出会う他の国から来た人たちとのコミュニケーションで言葉だけでなくカルチャーやものの見方、考え方などを学べるということが大きなアドバンテージになります。

ですので、マンツーマンよりもむしろ10〜15人の多国籍のクラスで色々な国からきた学生と授業中や授業以外で話しながらアクティビティを経験して、そこでアルバイトや仕事を通して経験値を積むということの方が圧倒的に大事になります。

逆にフィリピンでそれをやればいいのでは?と思われるかもしれません。でも実際問題としてフィリピンの語学学校では多くの場合韓国人が大多数を占め、残りを日本人が占める、あるいはその逆というのが一般的なものです(全ての学校というわけではないかもしれませんがそうでないところを僕は知りません)。韓国人が云々というつもりもありません、韓国にも何人も友達はいますし全くネガティブな感情は持っていません。が、それがドイツでもブラジルでもそうであるように、一つの国籍が多すぎるとみんながアンハッピーになるのです。語学学校のスタッフだった経験からこれはかなり高い確率でそうなります。そしてそんな中ではその一国のことはわかっても「グローバル」な経験はできません。

そういうことがあってフィリピンと欧米の授業は同じコンディションで比較すべきではなく、フィリピンのマンツーマンと欧米の少人数クラスとを比べる ことになった場合、授業料はそう変わりません。滞在費用にしても、フィリピンのホテル生活と欧米のホテル生活を比べるとそれは欧米が高くなります、でも欧米でホテル生活をする必要はなく、ホームステイでいいのです。そしてそうした場合食費を入れてもたいていフィリピンとの費用差はあまり出ません。そして欧米でも例えばオーストラリアやアイルランドや、やりようによってはカナダでも仕事が出来てそうなると費用のアドバンテージは逆転する場合さえあります。

航空券が安いということも言われます。でもいまエクスペディアで調べてみたら、11/22-11/28の1週間往復でセブ島行きフィリピン航空の直行便が¥60,910、一方ロサンゼルス行きのアメリカン航空直行便は¥68,380でその差約8,000円。時間は確かに4時間強違いますが、それでもたった4時間そこそこです。有給を使って1週間だけの渡航であればまあまあ理解もできますが、例えば1ヶ月の渡航でこの4時間にどれだけインパクトがあるのかという話です。

長々と書いてしまいましたが、留学のお話をする者としてやはりこういったパンフレットなんかではわからない違いをお伝えしておかなければと考えてい ます。その上でフィリピンの人とどうしてもコミュニケーションをしたい、そのカルチャーを学びたいのであればそれはフィリピンに行くべきです。でもこう いった違いを理解せず、みんなが安いというから、という理由で選んで思ったほどではないということになったらそれはやはりその留学は成功とは言えません。 一方でなんでもアメリカに行けばいいのかというとそれも違いますし、カナダが絶対でもありません。何をしに行くのか、その人の語学力は何か、目的は何なのかetc色々な要素が組み合わさって適した渡航先が決まるはずで、英語で言う"One size fits all"いわゆる帽子とか服の「フリーサイズ」的なものではありませんので、まずはそこだけでも頭に入れて留学のプランを立てられるのが良いかも知れませ ん。

高野幹生

  • 投稿日:
  • カテゴリ: コラム

お問い合せ・
カウンセリング予約は
こちらから