アイルランドの滞在規定が変更に

アイルランドの滞在規定が変更に

アイルランドは「正統派」英語圏の中でこれまで留学生に対しての労働を伴う滞在には最も寛容な国の一つでした。

これからもそうであり続けるでしょうけれど、少し前に滞在規定が見直されると発表がありました。

実際これまで私たちのプログラムでも人気のもののひとつに、1年間の半分を語学学校に通いコミュニケーションスキルを高めた上で残りの半分の期間フルタイムで仕事ができるという、費用が限られた留学生にとっては非常にありがたいものがあったのですが、今年10月からこれが使えなくなります。

全体の期間が8ヶ月に短縮されることと、フルタイムの仕事ができる期間がクリスマス前後と5月〜8月までに制限されることが一番影響する点です。

ただしポジティブに物事をとらえれば(人生それが大事です)、9月まではまだその制度が使えるということです。

アイルランドは事前に学生ビザ申請が必要ありませんから、極端な話(昔の弊社代表・高野のように)すぐに航空券を取って来週にはアイルランドで生活をはじめるということも不可能ではありませ ん。

そうすればこのありがたい制度を利用することはまだ可能です。ご興味がある方は至急ご検討になってください。

すぐの渡航でないもののご興味がある方は、出発時期も制限されるということになりますので諸々ご注意ください。

*この内容の詳細はアイルランド政府機関の公式発表をご確認ください(上記内容に関してプランBは一切責任を取れませんのであしからず)。

お問い合せ・
カウンセリング予約は
こちらから