留学費用について

留学費用例

※2018年3月6日現在。入学金、授業料、滞在費、取扱手数料を含みます。航空券や保険料、個人的な費用等は含まれません。また為替レートや各学校のキャンペーンなど諸条件で変動しますのでこの料金を保証するものではありません。詳しくはお問い合わせください。

中高生短期プログラム 

  • トロント(カナダ) 2週間 26万円
  • クイーンズランド(オーストラリア) 2週間 25万円
  • ボーンマス(イギリス)3週間 33万円

語学留学

  • ダブリン(アイルランド) 8ヶ月 116万円
  • クランブルック(カナダ・カレッジ) 4ヶ月 75万円
  • ウスター(イギリス) 2週間 29万円
  • ハワイ 2ヶ月 63万円

高校留学

  • オーストラリア私立高校 2週間 26万円
  • カナダ公立高校 1年 192万円

大学留学

  • カナダ州立カレッジ 1年 161万円
  • アメリカコミュニティカレッジ 1年 180万円

ワーキングホリデー(ホテル有給インターンシップ)

  • バンフ(カナダ) 1年 29万円

サーティフィケートプログラム+OPT

  • UCLA エクステンション(アメリカ)1年 140万円

費用が安くなる仕組み

これまでの留学のように過保護にしません

今までの典型的な留学スタイルは「お客様」として手取り足取りエージェントがなんでも先回りしてやってしまうものでした。私たちの留学で追求するのは、安さではなく、どれだけ賢く留学してもらうかということ。大人でも子供でも、出来ることにはどんどん自分で挑戦してもらいます。その上でどうしても出来ないことだけを最小限サポートすることにより、語学力はもちろん行動力や度胸や自主性が実践で身に付き、結果的に費用を下げられます。皆さんには少し頑張ってもらうことになりますが、出来ないことはちゃんとサポートしますから安心してください。

価値のあるプログラムを常に模索しています

ご紹介する教育機関やプログラムもその観点から、安いだけでも高いだけでもないバリュー感のある面白いものを揃えています。もちろん普通の語学学校+ホームステイもありますが、プランBでしか取り扱っていないものもあります。でも同じものであれば多くの場合ほかのエージェントと比較してもらって大きく費用は違ってくると思います。

大きなオフィスも広告枠もありません

プランBは町田市が9割を出資する建物に入居し、厳しい審査を通過し東京都の助成金も得ながら少人数で運営しています。あえて大きな組織を目指さず、油断すると信じられない位に膨大になる人件費や家賃を最小限に抑えます。広告費も同様、多くの方は「留学の真実」「逆転の留学」といった著書やYahoo!ニュースなどメディアをご覧になって、あるいは紹介や企業とのコラボからいらっしゃいますからあまり予算は必要ありません。なぜそこにこだわるのか?これらの請求書は最終的に全て皆さんが支払うものだからです。

電話営業等で無駄な人件費を使いません

一度問い合わせや資料請求をすると何度もしつこく電話が掛かってくることがありますが、この極めて無駄な人件費を払うのも留学に行く皆さんです。そもそも留学を成功させるには渡航者の皆さんが自主的・積極的に動くべきですからプランBでは必要な資料は提供しますが、カウンセリング前も後も電話営業をすることはありません。

手数料無料?

プランBでは基本的に全て正規エージェントとして学校やプログラムをご紹介するので、それもできなくはありません。ただし過去の経験や業界の例から、本当に必要な場面での十分なサポートを持続可能なものにするには無理が生じてくることもあります。それは皆さんも色々な業界で経験されたり報道などで見聞きされたことがあるでしょう。このため私たちはバランスをとりながら、負担にならない程度の最低限のサポート費用を頂いています。

こうして私たちは健全に日々の運営費用を確保しつつ(創業以来無借金&黒字経営ですのでご安心を)皆さんの無駄な費用を抑えることを目指しています。ご自身の大事な時間やお金の為にも皆さんには看板やイメージだけで留学エージェントを選ばないでしっかりその本質を見抜いていただきたいと思います。