【アメリカ】公立高校留学プログラム

【アメリカ】公立高校留学プログラム

公立高校:【アメリカ】公立高校留学プログラム

アメリカで四半世紀にわたってプログラムの運営を続けている米国国務省指定NPOと共同で公立高校留学プログラムをご提供しています。

一般的な高校留学はボーディングスクールなどを中心に多くの場合年間の費用が400-500万円以上となり、場合によっては年間で1,000万円になることもあります。プランBではこの費用負担を軽くする高校留学プログラムを日本全国に広げたいと思っています。詳細は来社または(遠方の場合)電話でのカウンセリング等でお話ししていきますが、ざっと以下の内容です。

  • 渡航場所: 全米各州の公立高校
    • 学校の指定はできませんが、空きがある場合に限り以下リクエストが可能
      1. エリア
        • 都市(シアトル、シカゴ、アトランタ、ラスベガス、ダラス、ヒューストンなど)
        • 州(カリフォルニア、ハワイを含む。ただしニューヨーク等は含まれない)
        • 温暖州(カリフォルニア、フロリダ、テキサスなど)
        • 東部地区、西部地区
      2. 成績上位10%校(合計約1,300校)
      3. 人口3万人以上の町限定
  • 渡航時期: 2021年8月から6月(約10ヶ月)または2021年1月から6月(約6ヶ月)
    • 期間を延長することはできません。また卒業もできません。
    応募要件: 高校生(一部の中学生を含む)
    • 心身ともに健康であること
    • 2020年8月31日時点で満15才以上であること
    • 高校を卒業していないこと
    • ELTiS220点以上(英検2級以上が目安)
    • 過去3年の評定平均が3.0以上(5段階)
  • 募集時期: 通年(渡航3ヶ月前が期限)
  • 費用合計: 149万円
    • 費用に含まれるもの: 授業料、ホームステイ費用、食事、渡航前から帰国まで日本&アメリカでのサポート、東京での個別オリエンテーション、ニューヨークまたはロサンゼルスでの3日間のグループオリエンテーションとオリエンテーション(宿泊費、食費、アクティビティ費用も含む)、保険、ビザサポート、日本語版留学ハンドブック
    • 費用に含まれないもの: 航空券、お小遣いなど個人的な費用

その他、モチベーションやコミュニケーション、自主性、自立心などやりとりの中でプランBが米国国務省指定NPOにかわって参加可否を判断することとなります。平たく言うとこれは「やる気」の部分で、ある意味では最も簡単にも最も難しくもなり得る要素です。少なくとも保護者の方が全部やって本人が全く動かないといった場合は参加資格がないと判断されます。そのモチベーションで行っても本人も周囲も大変になるからです。

ただし選抜試験のように堅苦しく無駄にハードルを上げることはありません。上記の通り通年で参加募集をしますし、ビザ等実務面で間に合えばギリギリまで応募していただけます。実際過去に8月渡航で5月に申し込んだケースもあります。アメリカ側の規定によりELTiS(英語のテスト)受験は必須となりますが、それもタイミングは柔軟に対応が可能です。

興味がある高校生はぜひチャレンジしてみてください。学校単位でのご相談もお受けしています。

*上記内容は予告なく変更になる場合があります

お問い合せ・
カウンセリング予約は
こちらから