トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】第4期派遣留学生募集

プランBのジュニアプログラムの多くは「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム高校生コース要項に合致する留学プログラムにもなっており、実際にこれまでに全国から多くのお申し込みおよび渡航実績があります。プログラムを利用する事により、授業料や滞在費さらには往復航空券まで含めたトータルの出費が¥0あるいはそれに近い予算で留学ができる可能性もあり、留学を考える高校生とご家庭にとってはこのうえない条件が揃っています。

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】 計画の要件

(2017年10月10日更新)

  • 留学期間は14日間から1年間
  • 留学開始日は2018年7月1日~2019年3月31日まで
  • 受入先の学校等が存在すること(申請時に確定している必要はありません)
  • 日本の在籍高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程(高等学校等という)の校長が、教育上有益と認める留学計画
  • ただしこれには定員があり、またプログラムに参加する前提で参加希望者も自ら積極的に動き、書類審査と面接審査を通過する必要があります。

申し込み期限

2018年2月1日(17時必着)

ただしこれはトビタテ!留学JAPAN事務局への申し込み期限であり、これまでに所属高校での追加書類作成および校長の承認が必要なため、生徒個人から各所属高校への提出期限は別途設定されている場合あり(その場合通常は1月中旬前後)。また2018年4月入学の新一年生がテイクオフに応募する場合の期限は2018年4月26日(17時必着)。

応募分野と定員

アカデミック

  • テイクオフ・・・海外の語学学校等のプログラムに参加するとともに、外国語を用いて異文化交流を行うもの(14-21日)100名+50名(新高一生)
  • ショート・・・海外の高等学校や大学のサマースクール等に参加し、外国語を用いて様々な科目を学修するもの(14-106日)90名
  • ロング・・・海外の高等学校等に長期間通学し、外国語を用いて様々な科目を学修するもの(107-365日)20名

スポーツ・芸術

海外のトレーニングセンター、教育機関、芸術学校等に通学し、技量の向上を目指すもの(14-106日)80名

支援内容

研修参加費、奨学金(渡航費、授業料、現地活動費を一括支給)

奨学金支給額

アカデミック(テイクオフ)

  • アメリカ/カナダ/イギリス/アイルランド/マルタ 36万円
  • オーストラリア/ニュージーランド  32万円

アカデミック(ショート)、スポーツ・芸術

アメリカ/カナダ/イギリス/アイルランド

14-29日 30-43日 44-57日 58-71日 72-85日 86-99日 100-106日
45万円 64万円 71万円 78万円 85万円 92万円 95.5万円

オーストラリア/ニュージーランド

14-29日 30-43日 44-57日 58-71日 72-85日 86-99日 100-106日
40万円 54万円 62万円 70万円 78万円 86万円 89万円

アカデミック(ロング)

  • 授業料等 30万円
  • 現地活動費(月額) 14万円(アメリカ/カナダ/イギリス/アイルランド)または12万円(オーストラリア/ニュージーランド)
  • 往復渡航費 20万円

※上記は全て機構第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす生徒用です。基準を超える生徒用は別途定められています。

2017年度実績

分野                  応募     採用     倍率

アカデミック(テイクオフ 1年生)     269       61     4.4

アカデミック(テイクオフ 2, 3年生)    542      115     4.7

アカデミック(ショート)         315      100     3.2

アカデミック(ロング)          227       20     11.4

スポーツ・芸術              183       77     2.4

大坂なおみ選手所属テニスアカデミー留学

フロリダ州東部の自然豊かなデルレイビーチにあり大坂なおみ選手が拠点とするテニスアカデミーで世界から集まった才能ある同年代ジュニア選手たちと切磋琢磨しながら寝食も共にする。日本人が非常に少ないためメンタルも英語もかなり鍛えられる。選手の受入は通年で行なっており1週間から週単位での滞在が可能。

レアル・マドリード夏休みサッカーキャンプ (スポーツ・芸術) 2週間〜

スペインの名門レアルマドリードのサッカーキャンプ。ヨーロッパを中心に世界各国から集まったジュニアプレーヤーとレアルマドリードが保有する専用トレーニング施設でトレーニングを共にし、技術的あるいは戦術的にレベルを格段に向上。期間中は同世代で寝食を共にしアクティビティなども通してグローバルなコミュニケーション能力を養うこともでき自立心、積極性、自主性を大きく発展させることも可能。

オックスフォード大学体験

オックスフォード大学の寮に滞在しオックスフォード大学のキャンパスで授業を受けるプログラム。週25時間、英語を集中的に学びながら様々なアクティビティや遊びを通して質の高いネットワークを作ることも可能。

イギリス南西部の港町ボーンマスで英語+ホームステイ(アカデミック・テイクオフ)

創立75年の老舗語学学校が提供する英語+ホームステイプログラム。参加者は同年代のみで昨年の日本人比率は6%。他の国籍は多い順にロシア、フランス、イタリア、ブラジル、アルゼンチン、スペイン。その他ヨーロッパをメインに数多くの国から高校生が参加。アクティビティも充実しておりハリーポッタースタジオツアーなどもある。

イギリス、アメリカ、カナダ、マルタ、アイルランドで英語+国際交流(アカデミック・テイクオフ)2週間〜

世界中から集まった同年代の学生と英語を勉強し、様々なアクティビティを通して一生の思い出と友達を作りながら世界で学ぶことを体験するプログラム。

●語学学校ジュニアプログラム(イギリス、アメリカ、カナダ、マルタ、アイルランドの主要各都市)
夏休みを中心に通年。

国際バカロレア体験(アカデミック・ショート)3週間

イングランドで最も古くから国際バカロレアを提供しているオックスフォードのボーディングスクールにてヨーロッパを中心に世界各国から集まった同年代の学 生とともに国際バカロレアコースのイントロを学ぶ。授業終了後には多彩なアクティビティが用意されておりクラス以外でも交流を深めることが可能。週末には 遠足も用意されている。

高校留学体験(アカデミック・ショート)2週間〜

オーストラリアまたはカナダの高校で現地学生のクラスへ編入し、数学やアート、世界史など語学留学とは違った実際のアカデミックな授業を英語にて受講。1年間までの長期留学や交換留学にも対応。この場合英語力は特に問われないものもあるが現実問題として基本的なコミュニケーションができるレベルの英語力は必要。また留学生クラスではないため、ネイティブの学生の中に1人で入っていける度胸も必要。

IMGに本格スポーツ留学(スポーツ・芸術)2週間〜

IMGアカデミー キャンププログラム
錦織圭、シャラポワなど世界のトップアスリートを輩出したエリート校である米国フロリダ州のIMGアカデミーで本格スポーツキャンプに参加。同年代ジュニアプレーヤーと切磋琢磨し世界を知る。テニス以外にも野球(全米2位)、バスケ(全米2位)、アメフト(全米5位)、ラクロス(全米20位)、ゴルフ、サッカー(男女)、陸上 でもそれぞれ米国トップクラスの成績を誇る。通年参加可能。
詳しくはこちら

カナダ公立高校留学(アカデミック・ロング)半年または1年間

カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバーやビクトリア周辺を中心とした公立高校で現地高校生とともに一般科目を学習。語学力がない生徒のために英語コースも用意されている。学校により留学生プログラムスタッフ、ホームステイコーディネーターも配置し学習面や進路指導はもちろん生活全般において留学生をサポート。ビクトリア郊外コキトラム学区の場合4つの学校に約3000人の生徒に対して約250名が留学生、そのうち日本人は20名ほどが在籍。

リバプールFCサッカーキャンプ(スポーツ・芸術)1週間〜

イギリス・プレミアリーグの名門リバプールFCのコーチによるサッカーキャンプ。ヨーロッパを中心に世界から集まった12-17歳とともにカレッジの寮で生活を共にしサッカーの技術はもとより戦術等を学ぶ。7/9-8/5で1-4週間。オプションで英語授業を加えることも可能。

チェルシーFCサッカーキャンプ(スポーツ・芸術)2週間〜

プレミアリーグの人気チーム、チェルシーFCのサッカーキャンプ。開催都市はロンドン、チェルシー専用スタジアムを利用。スタンダードは10-17歳、日本でクラブチームにすでに所属している選手対象のアドバンストとゴールキーパーコースは13-17歳が対象。世界から集結した同年代タレントと競い合う。英語のオプションもあり。

STEMサマーキャンプ(アカデミック・ショート)2週間または4週間

今アカデミックで最も熱いと言われているエリアの一つSTEM (Science, Technology, Engineering, Mathematics)の学習体験が出来る希少なプログラムでロボティックスも含まれる。7/22-8/19の4週間が基本だが前半・後半のそれぞれ2週間でも選択可能。アメリカ・メイン州の高校にて催行。

お問い合わせ・カウンセリングお申込み・メルマガ登録

留学やワーキングホリデーの期間や費用、プログラム内容など、お気軽にお問い合わせください。