Hello from America!  Vol. 2 〜 Ryo Matsushima アメリカ高校留学日記〜

Hello from America!  Vol. 2 〜 Ryo Matsushima アメリカ高校留学日記〜

アメリカ語学留学:Hello from America!  Vol. 2 〜 Ryo Matsushima アメリカ高校留学日記〜

スクリーンショット 2020-03-14 17.14.30.png

今回はシビアな内容です

といことアな容です。でタイトルも真っ黒にしてみました(笑)

とはいえ、前号から今までの1か月でずぶん友達も増えましたし,英語もしっか聞き取れるようになってきました。割と白いジョークも言えるようになり、楽しやっております。先日の3連休はエスケープ・ルームというイベントにチームで参したり、友達と映画館でトトロを見たりと、なかてます。リカでもみんな知ってます。そんな感じで、英語文化量のしながら日々脳もも太らせております。 や、してか。だ標準体型ですよ(笑)

も。全員がこんな楽しい留学生活を送るわけじゃないってことも、最近見えてきました。今回はその部分の話です。

身近にある「つらい留学」

まず質問です。あなたは「どんな人」が留学するんだと思いますか? 日本人なら、たいていの人はこう答えるはず。

「高い志と目的意識があって、自主的な人」

日本では、たいてい場合それが正解なんだと思います。そして留学とは本来そうあるべきなんです。でも世界では違う。世界中から留学しくるたちの中には、志目 的・自主性のうち、れかがなかったり、時には一ってかった子がま す。そういう場合「に行きなさいと言われ たから」「そうするとが良いことだと教えられたから」という由で留学している場が多いように思いま。自主的に行く人と、そうでない人との間は、天と地ほどの差があって、その違いはぐに見えてきます。幸か不幸か、俺と一緒ホームステイしている子は後者でした。

彼はと同家にんで学校に通ってて、似たような授業を選択しています。学校での二人の生活に大きな違いはありません。でも放課後やランチタイムを俺は友達と過ごしますが、彼は一人で過 ごします。聞いたところ、友達はできていな いそうです。彼は家の中でも孤立しています。理由は明白。異文化を受け入れ、「違 い」を楽しむ準備ができていないままにアメリカへ来たからです。異文化に対して攻撃的なわけではありません。ただ、常に自分の国の文化を引きずり続けているのです。もし彼が留学を自ら望んだなら、その動機は十中八九、「違い」を体験したいという気持ちで しょう。それは、そう望んだ時点ですでに「違い」を楽しむ準備ができていることを意味します。彼は、その準備ができる前に親に言われるがまま留学してしまった。もちろん、彼の努力次第でこれからいくらでも状況は変えられます。でも、自主的に来たわけじゃないのに、そんな努力ができる人間が、いったい何人いるでしょうか?

自分の選択に自分で責任を持てるか

留学すれば、つらいことがあるのは当たり前。もっ言えらいがあそんなんで留学していれば、自分で選んだ道なですか任。自己これも自分が選んだ道の一部なんだ」と腹をくくって、つらい経験に面と向かっ対決きます。自分ら。「自分のせいじゃない」と考える。 確かにそうなんです。本人のせいじゃなんです。準備ができてないのに留学させ大人が悪いんです。でも泣いてもわめいて も「自分のせいじゃない」問題に「自分で」かない。アじただた、ア ンフは少なくありません。大事なのは選択の容じい。「選択しか。の仕事は、子供の将来を選択することでく、子供の選択を応援することではないでしょうか?

さて、もうひとつシビアなお話を

差別。あるよあるよは聞いてましたが、あります。体育でテニをやってた時、ちょっと嫌な勝ち方(ライ上のショット3連発で逆転)をしてしまっ対戦相手の子がアジア人に対する差別用語使ったんですよね。1 対1の対戦ならまだも、すごく嫌だったのは、ダブルスでの対だったこと。3連発のうち2のペの子がもののに、捨て台詞はアジ人である俺に向けられました。なんていうですかね、新しい種類の怒りを知りました。これまで経験してきた 怒りとは違う、特殊怒り。でも、ここでキレたら俺の負けだといましたし、ペアの子 も「気にすんなあん奴」って言ってくれてたので、なんとか怒を押し殺して普通に振舞いましたこういことがあるのも知っ上で留学を選択したは自分ですから、蚊に刺された程度のもんと思ってサクッとこうして記事のネタにでるわけです。これが親に言われて来ていた、記事にするどころか思い出すのも嫌だと感じるかもしれません。

それでも楽しい留学生活

と、ここまでいろい書いてきましたが、実 は毎日本当に楽しいす。今回はこういうシビアなテーマを設定たのでこういう内容ですけど、差別発言もの1度きりですし、俺自身は最高な友達に恵まれて日々楽しんます。周囲の人たち、環境は最高。物足りないの分。語力や、ー ション能力など、その他もろもろです。

さてさて、明日は化のテストなんです。いま深夜0時で、今から勉強ですよ......。

最後に、Hello from America を読んでださった方々のフィーバックが欲しくなって きたので、連絡先をせました。どうぞ時差とかずメールDM送っくださ。 感想、クレーム、オァーなど待ってます! とはいいつつも、すてに対応できるかはわかりません笑。でき限り対応しますが、対応できない場合、ご了承ください。

メール:ryo2000@outlook.com

Instagram:ryo.s_insta

お問い合せ・
カウンセリング予約は
こちらから