肝が座りました|ラファナダルアカデミー体験談

肝が座りました

息子も小学5年生になり勉強に比重を置こうかテニスをこのまま頑張ろうか...戦績も芳しくないし...と言う頃にスペイン留学に出会い参加させて頂きました。どちらの道を選ぶにしても掛け替えのない体験になるし、何かを感じて帰って来れればと言う思いだけでした。

参加したからテニスが上手くなって帰国したか?NO。thumb_IMG_8956_1024.jpg
英語が話せるようになったか?NOです(笑)
しかし、肝が座りました。
それを実感できる出来事が、帰国後すぐにおきました。これには親も驚き!
車で片道一時間の場所にあるスクールのレッスンが休みなのを忘れて行ってしまった時、そのまま帰らずそこらへんにいたお兄ちゃんに一緒にテニスをしようと誘い相手してもらいました。なんとそのお兄ちゃんは関東から全国大会に参加する為に来ていた子でした(知らぬが仏とはこの事です(笑))
同じような事が試合会場でもあり、試合前のコート開放の際めぼしい人をさっさとみつけてアップを始めました。
これは今までにはなかった事ですね。

あとは、日頃当たり前だと思っていた事の大事さを痛感したみたいです。家族が近くにいる事、慣れ親しんだ食事をお腹いっぱい食べれる事など...どうやら4日目あたりからホームシックだったようです。携帯を持たせませんでしたから声も聞けない中、皆にバレないよう頑張った様です(笑)

テニス環境は、言わずもがな満点です!リゾート地の様...♪

何度も参加させられるような物ではありませんが、行かせて本当に良かったと思っています。
本人もまた行きたい!と鼻息荒くしております(笑) こっちもある意味鼻息荒くなります(笑)働かねば・・・^^;(あべ)